【アンチヒーロー】コンドルのジョーという生き方が後の世の中に与えた影響

タツノコプロの名作SFアニメ「科学忍者隊ガッチャマン」子供の頃に夢中になった方も多いと思います。

・1972年~74年に放送された第一作目の「科学忍者隊ガッチャマン」

・1978年~79年まで放送された「科学忍者隊ガッチャマンII」

・1979年~80年にかけて放送された「科学忍者隊ガッチャマンF」

3作放送されたガッチャマンシリーズの中で最高視聴率を記録した回をご存知でしょうか。それが1978年10月22日(日)、27.1%を記録した「かえって来たジョー!?」の回なのです。
ファーストシリーズの最後に自らの命をなげうって地球の危機を救ったコンドルのジョーが、パート2でサイボーグになって帰ってくるというストーリーを、日本中の男の子たち(うちの姉も興奮してました)が固唾を呑んで見守った伝説的な回です。

【アンチヒーローの登場】
今でこそマンガやアニメ、映画でもアンチヒーロー、ダークヒーロー全盛ですが、我々世代がはじめて意識したアンチヒーローはコンドルのジョーです。それまで見ていたテレビ番組では主人公は勧善懲悪、明るく健全なヒーローとして描かれていました。そのころはまだウルトラマンシリーズも仮面ライダーシリーズもアンチヒーローは登場しません。

アンチヒーローを理解するには文化的、精神的成熟が必要です。ちょうど戦後の日本が貧しさから脱して経済的に余裕が出てきた時代と重なり、それまでの「朗らかで正義感の強い熱血漢」といった正統派のヒーロー像に飽き足らなくなったのでしょう。我々も10歳前後に成長し、それまで経験したことのない「クール」や「ニヒル」といった概念に触れて大いにしびれることとなりました。

【ハカイダー】
時を同じくして、もう一方の雄としてコンドルのジョーと双璧をなしたアンチヒーローがいました。それが「人造人間キカイダー」に37話目から登場する悪役「ハカイダー」です。

カワサキのバイク、マッハIV 750ccを改造した「白いカラス号」を駆るハカイダー。手にする武器は銀色に輝く長い銃身のリボルバー。人間態のサブローは全身黒尽くめのライダースーツに身を包み、ブーツには刀身の長いナイフを帯びていました。ハカイダーもまた「クール」でさらにとても「スマート」でした。その颯爽としたたたずまいは主人公のキカイダーやキカイダー01を一気に垢抜けない存在に変えてしまうに充分な説得力でした。

【アンチヒーローの条件】
「クール」で「ニヒル」で「スマート」そして当然ですが主人公と同等、時には上回るほどの能力を持ち合わせた存在、それが「アンチヒーロー」なのです。
さらに付け加えるとすれば「不幸な境遇」でしょうか。
兄の源頼朝に憎まれて不遇な最後を遂げた「九郎判官」源義経。日本には古くから「判官びいき」という「恵まれない者」「不幸な者」に同情しまた応援する独特な風土があります。
「クール」で「ニヒル」で「スマート」で「強く」さらに「不幸な境遇」の人物こそが「アンチヒーロー」にふさわしいのです。
巨人の星の花形満は「クール」で「ニヒル」で「スマート」で「強い」のですが彼が「アンチヒーロー」たりえないのはこの「不幸な境遇」の条件を満たしていないからだと思います。なんせ彼は「花形モータース」の御曹司、小学生の頃からスポーツカーを乗り回す超おぼっちゃんでしたから。

【もっとも成功したアンチヒーロー】
1979年、ついにその集大成とも言える怪物「赤い彗星シャア・アズナブル」が誕生することになります。「クール」で「ニヒル」で「スマート」なのはもちろん、圧倒的な強さで主人公アムロ・レイに立ちはだかる「シャア・アズナブル」は自分の親を殺したザビ家の下、出自を隠して戦うという「不幸な境遇」にあります。
1979年のアニメ「機動戦士ガンダム」で登場して以来現在にいたるまで、複数のガンダムシリーズに登場し、小説や漫画、シャア本人を主人公にした映画まで作られています。また、広告や企業とのコラボでの起用も多くその存在は社会現象と言っても良いでしょう。「赤は3倍速い」というのはガンダムを見たことの無い人でも知っている半ば常識となっています。

【アンチヒーローの現在】
シャアでひとまずの完成を見た「アンチヒーロー」像ですが、1995年に放送された「新世紀エヴァンゲリオン」では又違った展開が見られます。
なんと登場人物、ロボットがすべて「アンチヒーロー」的な要素を持っているではないですか。

この「アンチヒーロー」のインフレは昨年のアメリカ映画「スーサイド・スクワッド」でも見られ、今後この傾向は続くものと思われます。

世の人々が健全で正義感の強いヒーローではなく、アンチヒーローを求めていることに間違いはありませんが、今回アメリカ合衆国大統領に選ばれたドナルド・トランプ氏。彼は「アンチヒーロー」でしょうか、はたまた「ダークヒーロー」でしょうか。

>【送料無料】科学忍者隊ガッチャマン Blu-ray BOX 【Blu-ray】

価格:67,392円
(2017/2/22 13:16時点)
感想(0件)

>【ガッチャマン】科学忍者隊 ガッチャマン ボックスフィギュアコレクション 全6種セット

価格:2,480円
(2017/2/22 13:17時点)
感想(0件)

>人造人間キカイダー Blu-ray BOX VOL.1【Blu-ray】 [ 伴大介 ]

価格:23,328円
(2017/2/22 13:18時点)
感想(1件)

>キカイダー REBOOT [ 入江甚儀 ]

価格:3,693円
(2017/2/22 13:19時点)
感想(6件)

【マック】昭和のマクドナルドは今よりも美味しかった。

私がはじめてハンバーガーを食べたのは忘れもしない1978年8月、銀座の歩行者天国。私が12歳の時でした。山口県の小都市で生まれ育った私は、その年の夏父の転勤で東京に引っ越してきました。

生まれ故郷の街にはもちろん、デパートのある隣町にもハンバーガーショップなどと言った洒落たものは存在せず、私はハンバーガーと言う食べ物をまだ知りませんでした。ただ、アニメのポパイに出てくる太っちょのウィンピーが「火曜日にかえすから、ハンバーガーおごってくれよ」と美味そうに食べている物体が私の知っているハンバーグとはちょっと違うことには気づいていました。なんといってもウィンピーは手づかみで食べるのです。我が家で出されるハンバーグを直接手に持つのは難しいなと。


そんな私が12歳で東京に来て満を持して食べたのが、マクドナルドのハンバーガーだったわけです。一番安いプレーンなハンバーガーでしたが、今まで経験したことのないモダンな味に衝撃をうけたのでした。

あの当時のメニューを見てみると、価格設定が今よりもかなり高いことにおどろきます。しかもあのころの物価でこの価格です。私はまだ子供でしたから食べるのはきまってプレーンなハンバーガー。大人になったらビッグマックやクォーターパウンダーに挑戦してみたいと思っていました。「いつかはクラウン」みたいな感じでしょうか。このCMもターゲットは大人で高級感が感じられます。

高校生になった頃もまだマクドナルドのイメージは高いままで、デートでも利用できるおしゃれなお店でした。

今でもごくたまにマクドナルドを利用することがありますが、その度にがっかりしてしまいます。

・私が歳をとったので味覚が変わった。
・子供の頃の思い出は美化される。

といった点を考慮しても、明らかに味が変わった(落ちた)と感じます。80年代後半の安売り合戦でサンキューセットを出したあたりから、積極的にコストダウンを行っていった結果でしょうか。今ではもうマクドナルドにワクワクことはありません。

私が歳をとったからハンバーガーが駄目になったわけではありません。今でもバーガーキングのハンバーガーは美味しいと感じます。バーガーキングのパティには12歳ではじめて食べたハンバーガーの味を感じることが出来るのです。

追記:この頃マクドナルドで働いていた方のブログによりますと、当時は今とは比べ物にならないほど一つ一つ丁寧に作られていたことがわかります。例えるならば「レストラン」のクオリティでしょうか。これを読むともう一度あの頃のマクドナルドのハンバーガーを食べてみたい気持ちがいっそう強くなりました。

その頃のマクドナルドは、ビッグマックソース、タルタルソースは店舗ごとに半分手作りで、シンクと呼ばれるバックヤードでピクルスをみじん切りにしてたりした。
レタスは金気があると時間がたつと色が悪くなるので、ビックマック用のレタスはシンクでマメに短冊に切っていた。
ミートは片面づつ1分焼いてひっくりかえし(ターンレイ)、焼き上がるのに2分ほどかかっていた。
作って10分で売れないと廃棄処分にしていた。
今夜もほろ酔い ときどき音楽

 

>マクドナルドのコレクタブルフィギュア(ロナルド・マクドナルド) ■ アメリカ雑貨 アメリカン雑貨 アメキャラ アメキャラ

価格:3,284円
(2017/2/20 21:48時点)
感想(4件)

>角型 缶バッジ (26mm)12個セット ■マクドナルド■ ★★

価格:980円
(2017/2/20 21:49時点)
感想(0件)

【手品・CM】ポール・モーリアPaul MauriatがBGMの帝王だったころ

マジックショーのBGMといえば、今でもおなじみの「チャチャラ、ラララーン♪」のメロディー、そうポール・モーリアの「オリーブの首飾り (El Bimbo)」を思い浮かべるのではないでしょうか。

この曲以外にも、昭和40年代の日本はテレビコマーシャルや番組のコーナーや天気予報から、スーパーマーケットや商店街、飲食店のBGMにいたるまで、ポール・モーリアの楽曲で満ち溢れていました。

代表的な楽曲と使用先を調べてみました。どれも懐かしい曲ばかりなので、是非聴いてみてください。

                      • 恋はみずいろL’amour Est Bleu “Love Is Blue” 1967年

                    • 口笛の鳴る丘 (Siffler Sur La Colline “Uno Tranquillo”) 1968年

                      ニッポン放送「玉置宏の笑顔でこんにちは」のコーナー企画“晴れ晴れリクエスト”テーマ

                  • エーゲ海の真珠 (Penelope “L’eternel Retour”) 1970年

                    ファッションブランド「ROPE(ロペ)」やメルシャンワインのCM曲、TBS系ラジオ番組「林美雄のパックインミュージック」第2部エンディング。
                    カネボウ食品のチョコレート菓子「エーゲ海の真珠(PEARLS OF THE AEGEAN SEA)」発売、そのCM曲。

                  • 想い出のランデブー (Rendez-Vous Au Lavandou) 1972年

                    日本テレビ「あすの全国の天気」で1980年から10年間に亘りBGMとして使用

              • 涙のトッカータ (Toccata) 1973年

              • 天使のセレナード(La Chanson Pour Anna) 1973年

                NHKの音楽番組「世界の音楽」のテーマ曲

        • オリーブの首飾り (El Bimbo) 1975年

          メルシャンワインCM、日本テレビ系深夜番組「11PM」のコーナーBGM、手品

      • 薔薇色のメヌエット (Minuetto) 1975年

        TBSテレビのドラマ「女の言い分」のテーマ曲

      • そよ風のメヌエット (Petite Melodie) 1977年

        メルシャンワインCM

  • 愛のカフェテラス (Hot On The Scent “Ai No Cafe Terrase”) 1982年

    UCCコーヒーCM

いかがですか、どの曲もこれを聴いていた頃の空気がよみがえってくるような、そんな思い出のある名曲ばかりです。メディアで使用されただけでなく、個人商店や町の商店街等で繰り返し流されて耳になじんだ曲も少なくありません。

日本音楽著作権協会(JASRAC)が楽曲の無断使用を厳しく取り締まるようになったのが昭和の終わりの頃ですが、それ以前の日本には色々な音楽が街にあふれていたものです。そうやって人口に膾炙してやがて国民的な大ヒットとなった楽曲もたくさんあった時代でした。

>ポール・モーリア全集   CD2枚組24曲

価格:1,575円
(2017/2/20 19:48時点)
感想(0件)

>【送料無料】 Paul Mauriat ポールモーリア / プレミアム・ツイン・ベスト ポール・モーリア/恋はみずいろ(2CD) 【CD】

価格:1,852円
(2017/2/20 19:53時点)
感想(0件)

>ポールモーリアの世界 CD全10巻【一括払い】

価格:29,800円
(2017/2/20 19:53時点)
感想(0件)

【半ドン】土曜日の午後のあの開放感はもう二度と味わうことができない。

あの頃小学校は土曜日も午前中授業がありました。4時限で終わると昼食は食べずに帰宅したいわゆる半ドンでした。

家の方角が同じ級友と、高く上ったお日様に照らされたアスファルト道路を、いつもより時間をかけてふらふらと帰ったものです。

川に魚釣りに行こうか、それとも日曜日に買ってもらったゴム動力の模型飛行機をやっつけるか。午後の予定をあれこれ算段しながらの帰り道の開放感、日曜日まるまる一日と土曜の午後をまだ手付かずでストック出来ている安心感と相まって、今ではもう味わうことのできない恍惚感に似た感覚をおぼえています。

 

半ドンはいつ頃無くなったのか調べてみました。

(1)1992年9月12日から公立小中学校及び高等学校の多くで毎月第2土曜日が休業日に。

(2)1995年4月22日からは第2土曜日に加え第4土曜日も休業日となる。

(3)2002年4月6日から公立小中学校及び高等学校の多くで毎週土曜日が休業日となり完全な週5日制となった。

このように3段階、10年かけて半ドンは絶滅させられたようです。1992年といえば我々はもう立派な社会人になっていますから、思い出の中の土曜日はいつも半ドンなのです。

 

そんな半ドンの土曜日、昼ごはんに何を食べていたのか思い出してみます。あくまでも私個人の経験ですから、皆さんそれぞれに思い出のお昼ご飯があることでしょう。

 

 

  • 焼き飯

炒飯ではなく焼き飯(やきめし)です。あのころはまだ味覇のような中華調味料は業務用でしかなく、一般家庭では炒飯ではなく焼き飯を作っていたと思われます。味付けは塩コショウ、具は冷蔵庫の残り野菜とひき肉といったところでしょうか。味が薄い時は醤油をたらした記憶あり。

  • そうめん

夏場のおひるはそうめんがダントツですが、夏場は夏休みになるので土曜日のお昼にはあまり食べなかったかもしれません。数本混じっている色つきの麺を、兄弟で奪い合いしたものです。馬鹿ですね。

  • インスタントラーメン

ちょうど袋麺全盛の頃です。我が家の定番は「チャルメラ」と「出前一丁」でした。後に「ハウスシャンメン たまごめん」や「本中華」「楊夫人(マダムヤン)」なんかも食べた記憶がありますが、この三つは今ではもう残っていません。



  • カップめん

カップヌードルの登場は昭和46年。ただ保守的な母親のもと食事としては認められませんでした。私は西日本で育ったので、初めてのカップめんはカップヌードルではなく、「金ちゃんヌードル」でした。

半ドンのお昼ご飯の思い出、東京生まれの友人は「オムライス」だそうです。彼女はお嬢さんでした。

将来のことを気に病んだりせずただ目の前にある休日に胸躍らせながら、母の作った焼き飯をもう一度食べてみたいものです。

>金ちゃんヌードル(1コ入)【金ちゃん】[金ちゃんヌードル]

価格:125円
(2017/2/20 19:45時点)
感想(23件)

>【送料400円】金ちゃんヌードル 4種類セット

価格:1,973円
(2017/2/20 19:47時点)
感想(2件)

【CanCam】君はレラーニをおぼえているかい。ハワイから来たハーフのモデルを。

アグネス・ラムは早すぎた(ブームの頃まだ小学生で意味がわからなかった。同じアグネスでもアグネス・チャンの方なら理解できました。)私ですが、高校生になった私の前に突如降臨したハワイからの贈り物が「レラーニ」だったのです。

当初は女性ファッション雑誌キャンキャンの専属モデルとして表紙を飾ったりしていました。私は男ですが思い余ってキャンキャンを買ったことがあります。そんな僕をみて、私の母親はどう思ったのでしょうか。

その後花王のピュアシャンプーのTVCMにも出演して全国区に。

彼女のことを調べてみると、残念ながらあまり情報がありません。

本名:コリーン・オー(岡田)・レラーニ

父親:日本人

母親:アメリカ人

1982年当時(84年の情報も)16歳ですから、1966年生まれ。現在50歳!

なんと、私と同い年じゃないですか!

青春の日々を熱く焦がした思い出のレラーニ。30年以上経った今、二人が同い年だと知ってちょっとだけ胸がキュンとしちゃいました。

【水飲み鳥】家具調テレビの上やサイドボードに生息していたあの鳥をおぼえているか。

 

 

「水飲み鳥」で検索してここにたどり着いた方、ご苦労様。昭和40年代、テレビの上やサイドボードやショーウィンドの飾りとして、日本中を席巻した鳥のおもちゃ。50歳前後の方なら必ず見たことがあるのに正式名称が良くわからない。水を飲み続けるので「水飲み鳥」そのまんまですがこれでヒットします。

 

調べてみると商品名としては「平和鳥」「幸福鳥」「ハッピーバード」「ドリンキングバード」「ラッキーバード」等があったようです。大手玩具メーカーが商品名をつけて独占的に販売していたのでは無く、オリジナルもコピーも区別付かないカオスのような状況で、玩具店から夜店まであらゆる場所で売られていたのでしょうか。

1952年に考案されたこのおもちゃ、昭和40年代に爆発的な流行を迎えます。最盛期にはアメリカにも輸出されていたといいます。

 

 

 

電池等の動力無しに半永久的に水を飲み続けるこの水飲み鳥。ほのぼの系のルックスとは裏腹にそのメカニズムは意外にアカデミック。熱力学の法則に基づいて動いているそうです。

 

鳥の中に入った色つきの液体は揮発性の高いエーテル。腹部で気体となって液体を頭部に押し上げます。するとその重みによって頭を下げて水を飲むしぐさをします(実際は飲んでいません)。水によって冷やされたエーテルの蒸気が再び液体となり腹部に戻り頭を上げます。頭部を冷やす水を供給し続ければ、理論的にはこの動きは止まることなく続きます。

かの偉大な物理学者アインシュタインが日本から来たこの水飲み鳥をみて、永久機関では無いかと大いに驚いたエピソードもあるそうです。

この水飲み鳥、いまでも購入することが可能です。当時は日本で作っていましたが、今はほとんどが中国製。まるでししおどしのような、のんびりとしたアクション。右肩上がりに成長していた昭和40年代よりも、今の時代にぴったりな癒し系ではないでしょうか。

 

>【中国製】ドリンキングラッキーバード(幸福鳥)(メール便不可) 水飲み鳥 ★ 4000円以上 送料無料 あす楽 [ 自由研究 実験 ] 自由研究

価格:1,620円
(2017/2/20 19:41時点)
感想(19件)

>昭和のお祭りで売っていた科学のおもちゃ「ハッピーバード(平和鳥、幸福鳥、水飲み鳥)」日本製

価格:2,160円
(2017/2/20 19:42時点)
感想(0件)