【手品・CM】ポール・モーリアPaul MauriatがBGMの帝王だったころ

マジックショーのBGMといえば、今でもおなじみの「チャチャラ、ラララーン♪」のメロディー、そうポール・モーリアの「オリーブの首飾り (El Bimbo)」を思い浮かべるのではないでしょうか。

この曲以外にも、昭和40年代の日本はテレビコマーシャルや番組のコーナーや天気予報から、スーパーマーケットや商店街、飲食店のBGMにいたるまで、ポール・モーリアの楽曲で満ち溢れていました。

代表的な楽曲と使用先を調べてみました。どれも懐かしい曲ばかりなので、是非聴いてみてください。

                      • 恋はみずいろL’amour Est Bleu “Love Is Blue” 1967年

                    • 口笛の鳴る丘 (Siffler Sur La Colline “Uno Tranquillo”) 1968年

                      ニッポン放送「玉置宏の笑顔でこんにちは」のコーナー企画“晴れ晴れリクエスト”テーマ

                  • エーゲ海の真珠 (Penelope “L’eternel Retour”) 1970年

                    ファッションブランド「ROPE(ロペ)」やメルシャンワインのCM曲、TBS系ラジオ番組「林美雄のパックインミュージック」第2部エンディング。
                    カネボウ食品のチョコレート菓子「エーゲ海の真珠(PEARLS OF THE AEGEAN SEA)」発売、そのCM曲。

                  • 想い出のランデブー (Rendez-Vous Au Lavandou) 1972年

                    日本テレビ「あすの全国の天気」で1980年から10年間に亘りBGMとして使用

              • 涙のトッカータ (Toccata) 1973年

              • 天使のセレナード(La Chanson Pour Anna) 1973年

                NHKの音楽番組「世界の音楽」のテーマ曲

        • オリーブの首飾り (El Bimbo) 1975年

          メルシャンワインCM、日本テレビ系深夜番組「11PM」のコーナーBGM、手品

      • 薔薇色のメヌエット (Minuetto) 1975年

        TBSテレビのドラマ「女の言い分」のテーマ曲

      • そよ風のメヌエット (Petite Melodie) 1977年

        メルシャンワインCM

  • 愛のカフェテラス (Hot On The Scent “Ai No Cafe Terrase”) 1982年

    UCCコーヒーCM

いかがですか、どの曲もこれを聴いていた頃の空気がよみがえってくるような、そんな思い出のある名曲ばかりです。メディアで使用されただけでなく、個人商店や町の商店街等で繰り返し流されて耳になじんだ曲も少なくありません。

日本音楽著作権協会(JASRAC)が楽曲の無断使用を厳しく取り締まるようになったのが昭和の終わりの頃ですが、それ以前の日本には色々な音楽が街にあふれていたものです。そうやって人口に膾炙してやがて国民的な大ヒットとなった楽曲もたくさんあった時代でした。

>ポール・モーリア全集   CD2枚組24曲

価格:1,575円
(2017/2/20 19:48時点)
感想(0件)

>【送料無料】 Paul Mauriat ポールモーリア / プレミアム・ツイン・ベスト ポール・モーリア/恋はみずいろ(2CD) 【CD】

価格:1,852円
(2017/2/20 19:53時点)
感想(0件)

>ポールモーリアの世界 CD全10巻【一括払い】

価格:29,800円
(2017/2/20 19:53時点)
感想(0件)